【Flying egg pan】アルミフライパンを黒染めして、フライングエッグパンのイラストを描きました。

アルミフライパンアート: アルミフライパンを黒染めして、フライングエッグパンのイラストを描く技術を紹介。目玉焼きもノンオイルで調理可能。 環境に優しい技術: フッ素樹脂コーティングではなく、透明セラミックコーティングを使用。廃棄時の環境負荷が少なく、再生可能。 耐熱性と耐久性: 予熱後、300℃の強火調理が可能。フッ素樹脂コーティングでは味わえない食感を提供。 自作マニュアルと販売: 黒染めとセラミックコーティングの手順をブログで紹介。手作りフライパンやコーティング液をネット販売している。
2024-05-14(火)Cheilgiro

【雪平鍋で炒め物もできたらいいな】炒め物ができる雪平鍋を自作してみました。

アルマイト雪平鍋で炒め物をするとアルマイト層に熱衝撃で亀裂が入り、汚れが取れなくなってしまうことがあります。また、腐食も生じやすくなります。EMMARINIオリジナル特許技術でシリカ系コーティング処理すると膜厚が小さいため炒め物をしても亀裂は発生せず、お手入れも楽々です。
2024-05-08(水)Cheilgiro

【フライパンを自分でコーティング】黒染めアルミフライパンを透明セラミックコーティングで保護し、仕上げます。強火調理が可能で、お手入れ簡単で再生可能なフライパンになります。

本記事では、アルミフライパンにお絵描きした後に透明セラミックコーティングでフライパンを保護する方法を紹介しています。スポンジヘッド容器を使用し、薄く何層にもコーティングを重ねることで、耐熱性と耐久性を高める技術です。厚生労働省が定める食品容器に使うことのできる安全な化学品で作られており、EMMARINIが販売している開放特許技術に基づいています。
2024-05-02(木)2Cheilgiro

【フライパンを自分で黒染め】夏休みの宿題工作自由研究やご趣味に、簡単にできる自分でお絵描きしたフライパンはいかがでしょうか?料理にも使えて、しかも再生可能で環境にやさしいSDGsに対応した一品です。

このブログでは環境に配慮し、フッ素樹脂を使用しないアルミフライパンの黒染め方法を紹介しています。黒化は水道水のミネラルがアルミニウムに沈着して起こり、安全です。黒染めは沸騰水で行い、デザインは油性ペンを使いマスキング後、煮込んで完成。失敗した場合はクエン酸でリセット可能です。次回はセラミックコーティングを紹介予定。
2024-04-16(火)4Cheilgiro